RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

犬の豆知識

ワンちゃんの病気や成長に対しての細かな内容を更新していきます。
調べてほしいことや質問などはコメントに入れてくださいね。
トイレのしつけ
0
    今回はトイレのしつけをお話いたします。

    子犬のときから躾をされている場合は生後4ヶ月ぐらいで粗できるようになっているかと思います。

    お家に子犬が来たらシートの上に連れて行き”シ〜シ〜”や”おしっこ”などを言いながらおしっこを促します。
    シートのぎりぎりでしたりベットでしたり初めは失敗もたくさんあるかと思います。

    成功の秘訣はシートの上でおしっこをしたら褒める!!です。

    シート以外のところでしても相手にせず直ぐに片付けるだけ!!です。

    このときに怒ってはいけません。

    怒ると遊んでくれてると勘違いします。
    他に犬がいれば他の犬のまねをしたりでスムーズに行きやすいですが、子犬1頭であれば飼い主様の反応が全てです。
    ですので上手くいくか行かないかは子犬に何処ですると褒めてくれる・遊んでくれる  かなんです。

    子犬は初めから人の言葉が理解できているわけではありません。
    ご家族でコミュニケーションをとっていくうちに理解し始めます。
    ですので怒っていると褒めてくれるの区別はつきにくい状態です。
    怒る事は理解でき始めてからするのが子犬には分かりやすいので”出来たら=褒める”を実行していただくとスムーズにいくかと思います。

    そしてゲージから出すタイミングもこれに連動させルールを決めていきましょう!
    なぜならゲージから出すと開放感と喜びでおしっこやウンチをしてしまうことが多いです。
    ゲージの外でする癖がつくと子犬も我慢する事になったりします。
    そうなると直すのに時間がかかりますし我慢しすぎておしっこの毒素が身体に悪さをするのも怖いです。(直ぐなるわけではありません)

    ゲージの中でごはんをあげ、シートでおしっこをしたらゲージから出す。などのルールを決めてあげると子犬にも分かりやすくトイレも覚えやすい状態です。そしてご家族でもストレスを感じる時間も短くなります。

    ベッドの上でおしっこやうんちをしたときも同じように何事も無かったように片付けてあげてください。
    初めはベッドでしていてもそのうち子犬自信が濡れるのを嫌がるようになりしなくなるかしたらシートで寝るようになります。

    ご飯を食べたら健康な子犬で30分以内におしっこやウンチなどをします。
    ですので初めはする様子を見ておいてあげてください。
    クルクル回るか落ち着きがなくなってきたら、ゲージの上から手を入れシートの上に移動させてください。(ここでゲージから出さないでください)
    そこでしたらたくさん褒めてゲージから出してあげてください。

    これを繰り返すと覚えてくれますよ。
    生後4ヶ月までは失敗もあるかと思いますが根気良く毎回同じようにシートでしたら褒める・ゲージから出すをしてください。
    違うところでしたら無視する・ゲージから出しているときにしてしまったらゲージに入れて無視する。

    もし体調をくずし別のところでしてしまったら、トイレの練習はまた初めからと思ってください。
    そわそわしてきたらシートの上に連れて行きおしっこを促します。
    トイレの場所を変えるときも同じです。

    成犬の場合は少し難しくなります。
    言葉が分かりますが、コミュニケーションが出来ているかどうかで変わってきます。
    もしコミュニケーションができていなかったら精神面の不安定さからいろんな場所でしてしまいます。
    怒る事も必要ですがコミュニケーションができていなければ怒ると逆効果になる場合がありますので短めに怒り、その後はしっかりスキンシップを取ってください。

    子犬と違い食べて直ぐにトイレをするかというと・・・しないことが多いです。ですので落ち着きが無くなってくるのは子犬と同じなのでそのタイミングでシートを用意してください。
    子犬と違いシートの上に連れて行っても止まってしまいしないことが多いです。ですのでしそうになったらシートを敷く又はゲージなどに一面シートを敷いておく。
    一度した場所はまた同じ場所ですることが多いのでそこをトイレの場所にするか少しづつシートをづらしてトイレの場所を時間をかけて特定していく。
    したら褒めるは子犬と同じです。
    その子の性格でも違ってきますが、犬は飼い主様に褒められるのをとても喜びます。そして安心します。
    時には怒る事も大事ですが、褒める事を80%以上にしておくと怒ったときもしっかり聞いてくれますし精神面も安定します。
    毎日のごはんや散歩などの時間も決めておくとトイレなどもスムーズに行きやすいですね。毎日のリズムが同じだと覚えやすくなります。もちろん健康管理も影響してきます。

    子犬も成犬も根気よくすれば直ぐに覚えてくれます。
    イライラすると犬は見破りなかなか覚えてくれませんので、心の中は冷静に!を保ってくださいね!
    | 犬のしつけ | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    子犬の噛みくせ
    0
      子犬の躾けについて聞かれることが多いので少しご紹介します。

      子犬の引渡し後1週間ぐらいでご連絡いただくことが多いのですが、子犬の噛み癖です。
      大型犬だと噛むのも”がぶり”という感じで怪我まで行かなくてもしっかり噛んでくれます(笑)

      今までにご連絡頂いた子犬はお留守番が多くお家に来て翌日にはお留守番をしております。
      お留守番をしているから=噛むではなくお留守番が多いのでルールを決めずにゲージから出してしまうため子犬がわがままになってしまっているだけなんです。

      なのでお仕事から帰って来て直ぐに出してあげるのではなく帰って来たらご飯をあげて食べてから30分以内で便をするかと思います。
      便をしたら褒めてあげながらゲージから出してたくさんコミュニケーションをとることが大事なんです。
      そうすると便をしたら=出してくれると覚えるのでトイレの練習にもなりうまく覚えてくれます。

      お留守番は殆どの子犬が直ぐにすることになります。
      ゲージの中は子犬にとって落ちつく自分の部屋です。
      なのでトイレシートとベッドだけではなく子犬が遊べるおもちゃも大事です。
      タオルなどの引っ張って遊べるものから噛んで遊べるおもちゃや音のなるおもちゃもいいかと思います。
      寂しがりの子犬には子犬と同じぐらいの大きさのぬいぐるみもいいかと思います。只、ぬいぐるみは犬用のぬいぐるみで犬が噛んでもぼろぼろになりにくいものがいいですね!
      うちで使っているのは中に保冷剤が入るタイプのぬいぐるみです。
      これは夏場は身体を冷やしてくれますが冬場は保冷剤を取っておくと軽くて振り回したりも出来ますし毛羽立っていないので遊んでいても口に毛がたくさん入る事もなくいいですよ!

      最低3つはおもちゃはあるほうがいいですね!
      その子の気に入ったおもちゃが見つかるとお留守番もストレスになりにくいですね!

      それができれば噛み癖も少なくなります。
      それが出来てからしつけが必要になります。

      コミュニケーションとストレスの軽減が大事です。
      それが出来て褒めたりダメを教えたりが子犬に理解できるようになってきます。
      「基本は叱るより褒めるです。」
      怪我するほどの噛み癖でなければ噛んだときに何か違うもので気を引いて噛むのをやめたら褒めるようにしてあげてください。
      褒められるのは子犬は大好きなので噛まないと=褒めてくれるになります。
      子犬の性格によっては叱ると萎縮したり怒られる恐怖で下痢したりします。
      ですので”初めはやめたら褒める”を実行してください。

      それをしても噛み方がエスカレートしていくようでしたらダメと言いながら軽く足払いをしてみたり下あごを指で掴んでみてください。
      子犬は掴まれているのが嫌で口を開けてきます。
      口を開けてやめたら褒めてあげてください。

      少しづつ子犬が理解できるように教えてあげるといいですね!

      皆さん早く覚えさせないと!とあせる方が多いのですがゆっくりで大丈夫ですよ!あせると子犬に伝わり理解が出来ないため覚えてくれません。
      ですので昨日より1mmでも進歩があればOKとしてあげてください。
      只、完全に覚えるまでは毎日1分でもいいのでやり続けてください。
      毎日することが大事です。

      子犬が表情を見て本気で怒ってる・少し怒ってる・怒っていないなどを理解し始めます。
      良く話しかけると言葉だけで理解してくれます。
      どんな犬種でもたくさん話しかけると理解してくれます。
      反抗期には文句をいう子犬もいますが。(笑)
      それはそれで楽しいですよ。

      なのでショーに出すわけでなければ教える事を楽しんであげると子犬は覚えが早いです。
      完璧を求めると神経質の子犬になってしまうのでゆっくり少しの前進でしていくと意外と早く覚えてくれますよ!

      子犬の体調も気にしてみてください。
      もしかすると身体がかゆくて何かを訴えているかも知れません。
      お腹の調子が悪くてイライラしているのかもしれません。
      耳がかゆいかもしれません。
      ですので耳・便のチェック・体のチェックをしてみてください。
      異変があれば直ぐに病院に連れて行ってみてください。

      今回ご紹介したのはあくまでも一例です。
      参考になれば幸いです。
      次回はトイレのしつけをご紹介しようと思います。
      | 犬のしつけ | 03:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      子犬のしつけと接し方
      0
        色んな犬種の躾けについて少しお話いたします。

        犬種よっての性格などももちろんありますが、しつけのしやすい子か時間のかかる子かは殆どが性格によって変わってくることが多いですね!
        それは母親からの遺伝的な部分が多いです。
        その母親は飼い主さんの性格で変わってきます。
        飼い主さんが変われば犬の性格も変わってくるのです。

        ですので親犬や犬種よりもどんなブリーダー様がどのように接しているかで大きく変わってきます。

        よくしつけ教室に預けて一通り訓練し帰って来ても直ぐに同じようになってしまう。と聞きますが、犬はどんな犬種であってもどんな性格であっても訓練をすれば言うことを聞くようになります。
        その犬の性格を理解しその子に合った教え方をしてあげればどんな犬でも聞くようになります。いわゆるバカ犬はいないと私は思います。

        只、指示の聞き方はまちまちで言って直ぐに機敏に指示を聞くのかゆっくり時間は少しかかるけど指示を聞く犬との分かれ方はあるかと思います。

        言う事を聞かない、吠える、噛む、うなる、逆きれなどは犬が上に立ってしまっている場合が多いのでそれは早めに直してあげるほうがいいですね。

        ただ吠えると言っても何に吠えるのかいつ吠えるのかどんなときに吠えるのかで上位になって吠えている場合と何かを怖がったりうったえたりしている場合があります。
        それはその時の状況を観察し見極めてあげてください。
        もし怖がったりしている場合は行動を見て抱きしめて安心させたり飼い主さんが怖がっているものを触って怖くない事を犬に分かりやすく教えてあげることが大事になってきます。

        上位になって吠えているのも寂しいから吠えている場合も多いです。
        コミュニケーション不足が原因ですのでしっかり構ってあげてください。
        ただルールも無く構ってあげると甘やかしすぎになりますので、必ず時間を決めて遊んであげたりする事が大事ですね。

        叱るときは言葉は同じ言葉で叱って目は真剣に怒ってください。
        犬には眼力は凄く聞きます。(心の中でも真剣に怒ってください)
        これを理解できたら反抗的な態度を犬がすることはほとんど無くなります。
        人間の子供にも聞きますよ!(笑)
        ただ長い時間すると萎縮してしまうので短時間で吠えるのや噛むのをやめたら直ぐに褒めてください。

        基本は褒めることが大事です。
        ある程度犬が理解できてきたら単独で叱っても大丈夫ですが、それまではしっかりコミュニケーションをとり吠えたり噛んだりしたときに止めさせる言葉(放す!静かに!うるさい!など決まった言葉で)を言ってやめたら褒めてください。もしその言葉だけで聞かなければ大きな音などを出して気をそらしてみてください。やめたら褒めるが大前提です。

        生後4ヶ月までは失敗するものだと思ってください。
        大型犬などは4ヶ月まではなかなか覚えてくれなくても4ヶ月目に急にちゃんとしだした!なんてこともあります。
        途中であきらめず毎日やり続ける事が成功の秘訣です。
        イライラも犬は見抜きますので出来るだけ冷静に!そしてメリハリも大事です!

        性格でリーダー気質の犬なんかはとても大変で、怒り方を間違えると逆切れで怒ってきたりしますが、どんな怒り方のときはダメでどんなタイミングがいいかを様子を見てみてください。
        絶対眼力は強く必要です。
        この場合は通常より時間がかかります。6ヶ月は失敗があると思ってください。この期間は教え方によって長くも短くもなりますが目安で考えていただくといいかと思います。

        真剣に接して真剣に教えてくれる人の言う事は聞きますが、時々来てお座り・お手などいうと心が通じていないため怒る犬がいます。
        小さい頃からたくさんの人や犬と触れ合い触ってかわいい!なんて言ってもらえているとそういうことも少ないのですが、怖がりや何かがトラウマになってしまっている犬なんかにはある行動です。

        初めて合った人には挨拶しますが、犬にはいきなり触ったりする方も多いです。やはり挨拶が大事ですね!
        人間のようにしっかり挨拶はしなくても目を見て30cm手前からこんにちは!なんてにこやかにしてみると意外と犬から近寄ってきたりします。

        犬は表情を見ています。
        小さい頃から笑顔で褒めて抱きしめてあげてください。
        それを犬が心地よく感じたら言う事は聞いてくれますよ!
        少し怖い・苦手な事でも我慢できたり勇気が出たりするものです。
        指示を聞くのはコミュニケーションがしっかり出来てからですね。

        その状態に出来れば飼い主さんにもいいですし犬の精神面もいいので長生きの秘訣にもなりますので気長にこつこつとがんばってみてくださいね!

        絶対このやり方などは無く犬の性格によって違ってきますのでまずはコミュニケーションでしっかり性格を見てあげてくださいね!
        | 犬のしつけ | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        しつけについて
        0
          先日しつけ教室もされているブリーダー様とお話した内容を少しご紹介します。

          大型犬から小型犬まで色んな犬たちがしつけ教室にきております。
          しつけ教室は飼い主様とコミュニケーションが取れている犬が来られるととてもいいようですよ!
          手に負えなくなって放置ではないですが、預けっぱなしになる方が多いとおっしゃっていました。そうするとしつけが出来ても家に帰って1週間で元に戻ってしまうようです。
          犬は人を見ていますので、しつけ教室の先生は上手にアメとムチを使うのでちゃんと聞いてくれるのですが、飼い主様が帰ってから甘やかすと前と同じように聞かなくなってくるようです。

          犬は心を読むとよく言いますね!
          私のところの犬も声色を変えてがんばって自己主張をします。
          ですが、それに乗ってしまうとわがままが度を越えてきます。
          声色を変えられると可愛くなって許してしまうのも良く分かります。
          ですが、そうなると犬にとってもメリハリがなくなりストレスも多く感じるように思います。

          その解決法としてブリーダー様は犬同士の接触が一番いいと教えていただきました。ですが、ドッグランはハンドフリー過ぎて犬が勝手に走り回っていい結果にはなりにくいとのお話でした。
          一番はリードをつけて犬同士の接触ができる公園などが一番いいとおっしゃってました。

          それと犬種特有の特徴を知っておく事が大事だともおっしゃっていました。
          私も体験したんですが、自転車で散歩中にうちの犬がハスキー犬に首を噛まれそうになったことがありました。
          ハスキーは頭や首を噛む習性があるため飼い主様はリードを短く注意をはらうことが大事だと教えていただきました。

          大型犬をハンドフリーで散歩したいとおっしゃる方が最近増えてきています。私も個人的にそれは危険だと思っています。
          それはいくらおとなしい子でも周りに何が起こるかわからないからです。
          何かに驚いて走って逃げたら車に轢かれた。や道に落ちていた食べ物を食べて危険な状態になった。(花火や腐ったものなどもありますので・・・)
          うちの子は大丈夫と思っていても犬を守ろうと考えるのであればリードは必要かと私は思います。

          それと甘えたでお留守番ができない子のことも聞いてきました。
          それは事情を良く分かった方の所に預けて1人を慣れさせる事がいいようです。なのでペットホテルにいきなり預けるのはよくないようですよ!
          これはくり返ししないといけないので時間はかかるようですが、根気よく続けるとお留守番はできるようになるそうです。

          無駄吠えには無視する事がやはり大事なようです。
          ですが無駄吠えをする犬種では、全くしなくなることは無いにしても言い聞かせると次回から同じ人に吠え立てることはなくなるようです。

          これはやはり信頼とコミュニケーションですね!
          その子がどんな性格なのかをよく観察して色んな方法を試すのが大事ですね!

          少し例を上げると、リーダー素質の子は仰向けにするとじたばたして噛み付いたりしますし、子犬の周りを歩き回ると足首に噛み付いてきたりします。こんな子に上から怒ると逆切れしたりもしますので、怒らず褒める事が大事ですが、怒るときは本気でしっかり短く怒ることも大切です。

          逆に大人しく群れに入ろうとせず1人で遊んでいるマイペースの子には強く怒るといじけて心を閉ざしてしまう事にもなりかねないのでしつけよりかは抱きしめてしっかりとコミュニケーションとって安心させてあげる事でしつけの近道になります。

          それぞれの性格をつかんでめんどくさがらず気長にしつけると成犬であっても子犬であっても心を開いて必死でしつけなくても覚えてくれますよ!

          賢い犬種はわがままになっていても10分ぐらいでメリハリのある人の言う事はしっかり聞いてくれますよ。

          犬は色々無言で話してくれているので、しっかり聞いてあげるとそれに対してちゃんと返事をくれますよ!

          何かの参考になれば幸いです。

          | 犬のしつけ | 03:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |