RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

犬の豆知識

ワンちゃんの病気や成長に対しての細かな内容を更新していきます。
調べてほしいことや質問などはコメントに入れてくださいね。
<< 子犬が来た日 | main | 犬のしつけ >>
チャンピオン犬とは?
0
    先日ブリーダー様とお話していてなるほど!と思ったお話だったのでご紹介しますね。

    私自身も、ドッグショーの挑戦を考えていたのですが今回のお話で考えが変わりました。

    ドッグショーというには一般的にJKCが主催するショーが日本では一般的です。そのショーにはいろんな種類があるんですが、その中のチャンピオンというのはその中で勝ち抜いた一番のことなんですが、チャンピオンにならなくてもある程度の所にいる子は、骨格・性格等については問題なく、問題のある子の場合は失格になるものだと思っていたんですね。

    JKCのショーには挑戦されていないんですが、警察犬の展覧会などでチャンピオンを取られているブリーダー様に詳しくお話を聞いてみたんですね。
    失格の基準はかみ合わせ・欠歯とのことでした。
    もちろん減点という部分で、減点が多ければチャンピオンにはなれないんですが、小さなショーであれば頭数が少ない場合、多少の骨格のゆがみがあってもチャンピオンになる場合があるようです。

    もちろん大きなショーでは減点になるため、チャンピオンになることもないようです。
    東京のショーも頭数が多いため、そのようなことは少ないようです。

    私もショーにチャレンジしようと思ったのは、一般に骨格などを明確にするにはチャンピオンになれば証明になると考えたからでした。
    それがそうでないと分かった以上、挑戦する意味がないと思い止めました。

    ポイントの優位性など少し複雑な部分もあるようです。

    警察犬の展覧会には優位性はなく、初の展覧会でもチャンピオンを取る事は可能のようです。

    犬種が限られてしまいますが、警察犬の展覧会の方がその犬自体を審査するので真っ向勝負という感じですね。

    インターナショナルやアメリカンチャンピオンなどの称号は大きなショーでのことなので、よっぽどでないかぎりいい加減なチャンピオンはないようです。

    そして母親は性格重視、父親が骨格重視で掛け合わせた子はチャンピオンにもなりうる掛け合わせになるようですよ。

    もって生まれた性格ともって生まれた骨格は変えようがないようですので、いい犬を作ろうと拘っているブリーダー様は、その部分を重視しています。

    いい犬は骨格・従順さ・賢さを見るようです。
    それ以外の肉付き・被毛に関してはフードでよくなりますし、従順さがあれば途中でひねくれても接し方で生まれ持った性格を引き出すことはできます。

    チャンピオン犬は価格も高くなるのは、たくさんのショーに挑戦して費用がかかっているのと、被毛などをよくする為にフードなどに費用がかかっている部分で高額になることはしょうがないと思います。

    個人的には犬に拘りのある方からが一番いい犬だと感じますね。

    | ペットの豆知識 | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://dog-mametishiki.dog-fan.net/trackback/1326649