RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

犬の豆知識

ワンちゃんの病気や成長に対しての細かな内容を更新していきます。
調べてほしいことや質問などはコメントに入れてくださいね。
<< チャンピオン犬とは? | main | 犬の歯と寿命 >>
犬のしつけ
0
    今回はしつけについてお話いたします。

    犬にもいろんな性格があるかと思います。
    怖がりな子・リーダー気質の子・マイペースな子。
    犬種によっても違いますが、個々の性格によってもかなり変わってくるかと思います。

    性格によって躾け方は変わってきますので、少しお話いたしますね。

    今回は怖がりでやんちゃな子の躾け方をお話いたしますね。
    怖がりな子は怒ると萎縮します。
    怒っても効果がない為、そういう子には怒るより褒める方が理解しやすいです。

    褒めると言っても褒め方もそれぞれです。
    トイレをして褒めたりは比較的できるのですが、
    例えば無駄吠えなどを止めさせる為の褒め方もあります。
    無駄吠えをするときに、常に鳴いている子はコミュニケーション不足が多いですが、あるパターンで無駄吠えをする子がいます。

    その場合はまずそのパターンを認識してください。
    いきなり吠えるのではなく、そわそわしたり唸り始めたりと前兆が見られることが多いです。

    その前兆が出たときに、褒めてください。
    今まで大人しくしていたのなら、”○○ちゃんは大人しくしているのね〜。賢いね〜。”という感じで今まで大人しくしていたことを褒めてあげてください。

    それを1度ではなく数回褒めてあげてください。
    そうすると犬は褒められた事に気が行き、吠える事をしなくなります。
    そして褒めてほしくて、吠えるのを我慢できるようになります。

    これは無駄吠えだけではなく、マテにも応用できます。

    但し、どんなしつけもコミュニケーションが不足すると効果はなくなります。
    食後などで犬もリラックスしているときに、膝に乗せたりブラッシングやマッサージなどしてコミュニケーションを図りましょう。

    落ち着きがない子は、まずはコミュニケーションをしっかり取って上げてからしつけをすると比較的簡単に出来る事も少なくないですよ。

    コミュニケーションはとっても大事で、散歩などをしっかりさせていてもコミュニケーションが不足すると無駄吠えや飼い主のいうことを聞かない子になります。

    これは子犬でなくても直ぐにできますので、短時間でもいいので定期的にコミュニケーションを取ってあげて下さい。

    寂しがりの子でしたら、初めは1日1回では少ないかもしれません。
    しっかりコミュニケーションが取れてくれば、小まめなコミュニケーションがなくても問題行動はしないかと思いますが、それでも定期的なコミュニケーションは必要です。

    常に触っていなくても、可愛いね〜。賢いね〜。など声をかけてあげると安心して心が穏やかになります。
    穏やかな犬の問題行動は殆ど見られないので、心を穏やかにしてあげてください。

    しつけの一番はコミュニケーションです。
    それから、その子に合わせた接し方・教え方をしてあげるとしつけは難しくないと思いますよ。
    | ペットの豆知識 | 03:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://dog-mametishiki.dog-fan.net/trackback/1328198