RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

犬の豆知識

ワンちゃんの病気や成長に対しての細かな内容を更新していきます。
調べてほしいことや質問などはコメントに入れてくださいね。
<< 犬のしつけ | main | 子犬のしゃっくり >>
犬の歯と寿命
0
    久しぶりの更新になりました。

    今日は獣医さんに歯の事を聞いてきましたので、お話いたします。

    歯の構造は歯の下に骨があり、その骨で歯を支えている状態です。
    歯石が溜まり歯肉が炎症していくと、その中にある骨が溶けていきます。
    その溶け方が酷くなると骨がない状態なので歯肉を触ると柔らかくなり歯がぐらついてきます。

    これをそのままにしておくと横の歯まで骨が溶けてきてたくさんの歯を抜かなければいけなくなります。

    歯を抜かない状態でも手術でできますが、数年後にはまた同じ状態になることも多いようです。

    手術は無くなってしまっている歯肉の中の骨のところに、歯の再生する液を入れて縫い合わす状態です。
    それである程度の再生はしますが、衰えてしまっている歯肉はまた下がってきてしまう為、完全には再生しないそうです。

    抜いてしまう場合も、歯肉に骨の再生の液又は顆粒を入れて縫い合わす状態なので、骨の再生はしてくるそうです。
    違うのは縫い合わす時に歯がある状態なのかない状態なのかで歯肉の状態が変わってくるようです。

    人間も同じように犬も歯が健康な状態で多くあると長生きできると言われています。
    それには歯磨きが一番だそうです。
    歯ブラシでなくても指にガーゼを巻いて歯石が出来にくくなる液体で擦るだけでもいいそうですよ。

    硬いものを噛ますのは硬すぎると犬は奥歯に亀裂が入り、そこから細菌が入り頬のところに膿が溜まってしまうそうです。
    グリニーズなどの適度な硬さのものはいいのですが、骨などは硬すぎるため亀裂は入りやすいようです。
    先生いわく、ラブラドールは亀裂が入っている子が多いようです。

    その場合は早めに抜いてしまう方がいいようですが、食欲・元気があると抜きたがらない飼い主さんが殆どなので・・・とおっしゃってました。
    もし犬が話を出来たら、痛くないの?と聞けば痛いというでしょう・・・。ともおっしゃってました。

    オススメのものは?と聞くと・・・
    特に無いですが、ドッグフードを毎日噛んで食べていれば、後は飼い主さんが歯磨きをちゃんとできれば口臭も100%に近いぐらいでないですね。
    歯の歯石は病院で麻酔をかけてするのが歯を傷つけなくて一番良いです。
    もっといいのは歯石を溜めないように歯磨きをすることです。
    おもちゃなどの引っ張るものも歯に負担をかけるのでよくないですよ。
    適度な硬さで歯ではなく顎を鍛えると骨がしっかりしてくるので噛みあわせにもいいかと思います。
    と教えていただきました。

    おもちゃでも考えなければいけませんね。
    只、これは奥歯の話なので、飼い主さんと引張りっ子をするぐらいは大丈夫だと思いますよ。
    1人で噛んでいると奥歯を使う子が多いので、注意が必要との事のようです。

    小さいうちから口に中に手を入れて抵抗をなくして、歯磨きしやすい状態にしてあげるのが犬の寿命を長く出来る方法のようですね。

    後は肝機能を丈夫にするとボケ予防にもなるので大事ですね。

    病気をしないで長生きさせて楽しい人生にしてあげたいですね〜。
    | ペットの豆知識 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://dog-mametishiki.dog-fan.net/trackback/1397424